尾崎裕哉さんと「親子丼」「お好み焼き」

尾崎裕哉(おざきひろや)さん。

この方は???????

 

あの尾崎豊さんのご子息。

 

どんな方?ちょっと、ドキドキ。

校舎の窓ガラス割った?、バイク盗んだことある?

ああ、ドキドキするわ。
 

「おはこんにちわ〜」と、登場され

いきなり爽やかな風が吹きました。

ozaki.jpg

2歳の時に父が他界。
15歳までアメリカに10年間過ごし、
帰国後、音楽活動をはじめられ、
大学院で「音楽家の雇用創出を促す、新しいコンサートビジネス」を研究
AIを使った音楽提案という、もの凄く高度な研究を。

慶応ボーイさん。好青年、頭脳明晰、上品。


”どのくらい父親に甘んじていいのか”
父、尾崎豊の息子である自分を認めることから始めたそうです。
父、尾崎豊の曲を聴き続けるうちに、
歌っている時の自分の声と父の声がシンクロしあったとか。


【LET FREEDOM RING TOUR 2017】
大阪公演:3月2日心斎橋BIG CATで、ライブ

 

2歳の時に亡くされ、父親の記憶は、ないそうです。

う〜〜む。

私は、4歳までだったので、わずかながらも記憶はありますよ。

いつかは、誰しも、さよなら〜ですから。

 

そう思うと、この春から家を出るであろう娘との時間が愛おしいのです。

 

「そば飯、作ろうっか。お好み焼きは?」

okono2.jpg

結構、美味しかったのですよ。「そばめし」は、神戸発祥ですから。

知っとう?

 

狙っているのは、うちの長男。

お姉ちゃんが、大好きなんで、お姉ちゃんが、春からいなくなったら、どうしましょうね。

okono.jpg

味の決め手は、「ソース」にあり。

左は、神戸の「オリバーソース」

右は、神戸の「バラソース辛口」友人から分けていただきました。

okono1.jpg

娘には、神戸のソースを持たせてやろう。

「お母さんの味と思って」

 

お父さん(夫)ですか??

どうも国も、舌も、違うからなあ。

 

というより小さい頃の味覚の記憶がないからでしょう。

「そばめし」が理解出来ないと思うわ。

 

お母さんの味の記憶は、一生もんです。

 

(ちなみに、尾崎裕哉さんの味の記憶は、

おばあちゃんの作った「親子丼」だそうです)