和太鼓奏者『木村優一』さんと、和のお酒『福寿』さんと。

ゲストの方のお話を聞けるのは、自分も一人のリスナーの耳となって、知らない新しい世界を知ること。

和太鼓奏者の『木村優一』さん。

厳つい方と想像しておりましたが、覆されました。

穏やかであり、正直であり。豊かであり。

そんな方ほど、情熱が身体の芯に入っているんですね。

3月20日(月、祝)サンケイホールブリーゼで午後5時開演。

「木村優一&スペシャルソース」の情熱ライブ。

〜和太鼓と世界が出会う時〜

私も、行きます!

kimura.jpg

バチを持っている恰好です。ボクシングではござんせん。

インタビューで嬉しかったこと。神戸の震災の時、高校3年生。太鼓と人とが繋がった時、この道へ進もうと決心されたそうです。

神戸から世界へと発信されている「木村裕一」さん。

神戸は、もっともっと、世界へと広がっていって欲しい。

神戸港は、世界、外国を結ぶ良港です。

 

そんなことを考えながら、、、、、

「和太鼓」「神戸」「和のお酒」

 

ここです!

fukujyu3.jpg

日本最大の酒どころ、兵庫県、神戸、灘

1751年創業。今年で266年です。

「福寿」さんと言えば、ノーベル賞に提供されるお酒。

世界へと向かっているやん。

fukujyu5.jpg

先日、友人たちと「福寿」さんを訪問いたしました。

300年経つ木の樽。こんなのを使っていたんですね。

土足でも良いのかと、、、、躊躇しました。

fukujyu6.jpg

あら、梅が咲いている。

fukujyu10.jpg

「日本酒」の魅力

「福寿」さんの美酒。

リポートは、続きます。

あまりの美味しさに、酔いしれた夜のことも。

 

「木村優一」さん、「福寿」さん

神戸をありがとう。