墓のない人生は、はかない?『お墓物語その1』

今年に入って、続けざまに友人が亡くなり、どういうこっちゃ。

 

自分が年をとっている証拠でもあるんですね。

 

いつか、誰しもこの日が来るわけですけど。

 

そのいつかは、明日かもわからんし、

何十年後かもしらんし。

 

ただ、確実に、その日は来るわけです。

 

自分はともかく、大切な人を亡くすという心構えは、私にはまだありません。

 

一歩ずつ、

一日ずつ近づいているわけですが、

それは、遠い未来と思いたくて、、、

考えたくなくて、、、

 

我が家にあるとてもとても古い観音様です。

鎌倉時代かもしれんとか。

 

その横に飾られた「龍の絵」

 

亡くなられた方が描かれたんです。

不思議なチカラのある方でした。

 

彼の個展で、思わず購入してしまった龍の絵の1枚です。

(2枚、龍の絵、買いましてん)

 

なんだか、面白い龍さんでしょ。

IMG_j7504.jpg

彼の頭の中に降りてきて、

そのまんまを、描かれたそうです。

 

魅力あるダンディな男性であり、

奥様を心から愛していた。。。

 

ああ、泣けてきますやん。

奥様と、何度、一緒に泣いたことやら。

 

そんな時にですよ。

 

兄から、

「テイ子、お墓のことなんやけど。。。」って。

 

聞けば、お墓の管理事務所から、荒れ果てた墓をなんとかせい!と、その状態の画像が添付で送られてきたそうなんです。

 

3年前にお参りした時も、まあ、荒れてましたけど、私一人のチカラでは、なんともすんとも!

 

嫁に行った身でございます。

墓守は、兄なのですが、、、、。

 

「やりましょう!!」

 

墓掃除の画像ではありません。

「墓掃除」家族決起集会か!

IMG_j7086.jpg

兄夫婦、その娘。

私、夫、その娘。

総勢6名の「墓掃除」&「墓参り」

 

兄嫁でございまする。

社会学の教授でございまする。

墓の社会学?を勉強中。

IMG_j7051.jpg

「墓荒らし」では、ございません。

 

以前は、これより凄かったの。

ススキは、お墓の高さを越え、

南天が、これまた難点。

根が深い。

撮影しておけば良かったなと。

 

途中経過でございます。

IMG_j7056.jpg

わあ、砂利が敷かれていたこと発見!

 

大きなスコップ3個。

熊手、草刈りの刃のついたやつ。

 

夫は、ホームセンターに砂利を買いに走る走る。

IMG_j7663.jpg

こちらを、10袋。

合計150キロの玉砂利。

 

難点な南天を引っこ抜く作業に小1時間。

恐ろしいほど、逞しい根が張っています。

 

グリズリーみたいな熊は、私です。

その奥が、兄。

経済の教授です。

墓の値段は?

価値は?

どうすんねん!

 

娘が結構、力持ち。

頼りになります。

IMG_j7701.jpg

「墓荒らし」では、ございませんって!

 

さあ、どんどん作業は続きます。

 

そして!!!!

ついに!!!!

その全貌が!!!!

IMG_j7665.jpg

なんか、右端が、怖いなあ。

みどり色の軍手も。

 

やったね。

IMG_j7706.jpg

なんとか、終えることが出来ましたよ。

IMG_j7668.jpg

今一度、比べてみよう。

IMG_j7051.jpg

掃除に気を取られて、すっかり忘れておりました。

線香、お花、お供え物を。

 

ごめん、お母ちゃん、お父ちゃん、おばあちゃん。

あと、、、、誰が入っているんかな。

不明。

 

*義理姉が、こっそりと墓の中を見たんです。

3個の骨壺があったそうな。

しかも、倒れてたそうな。

 

きゃあ〜〜〜!

 

「いまどきの納骨堂」

本、買いましたがな。

IMG_j7853.jpg

悩む前に読んでください!って、

余計に悩むわ。

 

「テイ子、もう一つ墓があるんやけど、、、、」

 

えええええ!!!!

 

そう言えば、小学生の時に行った記憶がある。

 

「そこの墓が、どこにあるかわからんねん。」

 

ええええええ!!!

 

「管理料は、ずっと払っているけど、その墓地の中のどこか、わからん」

「管理事務所に、所在地を尋ねたんだけど、行って探してくれって」

「誰の墓かもわからんねん」

「テイ子は、死んだら、どの墓入るん?」

「必要やったら、そこのお墓、やるで!」

 

ええええええ!!!

 

まあ、昨年、大病をした兄なので、

色々と、ちゃんとしておきたいのでしょうか。

(元気になっていて、安心です)

 

という訳でして、

墓掃除から、墓探しに突入するファミリーであった!

お墓、ミステリー。

 

みなさんは、お墓、どないしてます。

どこ入ります?

 

散骨、樹木葬、納骨堂。

 

お墓持ちの、母に尋ねてみたいです。

 

 

うちの近所に咲いていたスイセンの花。

実は、、、、、

IMG_kiyo7440.jpg

ツツジの間を通り抜け、茎を伸ばして、花を咲かせたんです。

健気です。

どんだけ〜〜長い茎でしょうか?

IMG_kiyo7441.jpg

娘も気づき、

「えらいなあ、このスイセン」と。

 

死んだ母の好きな花でもありました。

 

そう、お母ちゃんは、お花とお茶の師範でございました。

 

先祖のDNAは、あまり私に引き継がれていないように思います。

 

ねえ、ご先祖さま、、、、

どう思う?

 

私の墓ねぇ〜〜。

 

「墓」捜索隊は、引き続きます。

 

神戸の外人墓地は、観光名所になるほどステキですってよ。

 

わたし、日本人やし。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
てい子さん、こんにちは(^^)
4月からお声が聴けるんですね(*≧∀≦*)
嬉しいです☆楽しみです☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ありがとうございます。

まだ、実感はありません。

やることやって、やりたいことやる。

また、会えるね。

待っててね。

広告

広告