『鴨川をどり』で、たまに「そうだ!京都へ行こう」

年に1度の

『鴨川をどり』を観にいきます。

 

ぽんと町です。

 

読めても、なかなか書けない漢字。

 

 

 

『先斗町』

お座敷小唄に出てきたかな。

 

ポンと!

このリズム感がいいんですね。

IMG_kamo8820.jpg

先斗町

新しいお店が出来ていたり、

昔からのお店が閉店していたり、

 

時代の流れを感じます。

ガイジンさんで賑わいます。
 

 

「ここ、長い間愛された店やのに、閉めはったんよ。

今、○億円で、売り出されてるんやて」

 

京都で番組をしている時は、

祇園や、先斗町と、

あっちゃ、こっちゃ、連れて行ってもらいました。

 

その有り難みもわからない頃の話です。

 

「ぎおん」も、読めても書けない漢字やわ。

 

祇園です。

こちらは、先斗町の『鴨川をどり』です。

IMG_kamo8789.jpg

『鴨川をどり』見終わって

バッグが、スマイルで良いでしょう。

迷彩柄やし。

足元は早くも『カルザノール』のエスパドリーユやし。

 

先斗町歌舞練場では、

春に「鴨川をどり」

秋に「水明会」の公演が有名です。

踊りは尾上流です。

IMG_kamo8960.jpg

日本舞踊を習っていたせいか、

三味線の音を聞いただけで、ワクワクするわ。

 

ああ、踊ってみたいなぁ。

 

昔は、ちっとも思わなかったのに。

 

 

特に京都の春の風物詩となった豪華絢爛な 「鴨川をどり」は1872年(明治5年)と歴史が古く、東京遷都後の京都の繁栄を願って開かれた「第1回京都博覧会」の観光客誘致というバックボーンを持 ち、五花街で開催される“をどり”公演の中でも最も多くの上演回数を誇っています。

 

『鴨川をどり』見終えて、鴨川です。

IMG_kamo8830.jpg

『菊水』で、お茶をして、

さあ、どこでご飯を食べようか。

 

「大将いはるんやったら、『いづう」さん行こか?」と言われ、

お口が、サバになっていたんですが、

ご不在とかで、断念。

IMG_kamo8804.jpg

「そしたら、中華料理にしましょか」と、言われ、

『竹香』さんへ。

 

お口は、中華にすぐなりました。

女将さんは、女優さんみたい!

八千草薫さんのお若い時のよう。

もちろん、若宮テイ子よりお若い女将さん!

IMG_kamo8822.jpg

「お昼にたくさんいただいたから、ぎょうさん食べられへん!」

と、言いながら、次から次へとオーダーしてしまいましたわ。

IMG_kamo8825.jpg

ここの「炒飯」うまうま。

IMG_kamo8810.jpg

さあ、再び先斗町へ戻りましょか。

 

途中、辰巳神社「祇園のお稲荷さん」へ。

 

祇園の芸妓さんや舞妓さんが芸事の上達を願う神として、

また、商売繁盛の神として信仰されているんですってよ。

 

『芸事』

義太夫、ジャズヴォーカル、ウクレレ

そして、DJも!

 

『商売繁盛』

galetのお店、

そして、ラジオも!

IMG_kamo8816.jpg

撮り直しているうちに、ご覧の通り。

びっくりなスポットライトを浴びてしまいました。

 

「芸事が、精進できますように」

「商売繁盛しますように」

IMG_kamo8818.jpg

お尻向けて、どうしますねん。

 

先斗町の、いつもお世話になっている女将さんのお店へ。

 

「京都の人から『かまへん、かまへん』言われたら、

それは、『あかん』言うことやからね。」

と、老舗のお店のお嬢さんに、教えてもらう。

 

「テイ子さんも、歌いよし。

かまへん、かまへんし」

 

と言われて、どっちやねん!

IMG_kamo8832.jpg

2人で歌い放題いたしました。

彼女は、小学生の時から、私のラジオを聞いてくれてたって。

 

最終電車も気にもせず。

 

うふふ、、、、

お泊まり。外泊です。

 

調子良く歌っていたら、、、

 

「お母さん、いつ来るん!」と、娘から催促の電話。

 

「別に、かまへんけど。。。」

 

「あ、アカン!言う事やわ」

 

ええ京都の1日でございました。

 

鴨川をどりは、5月24日まで。

京都の歴史は、なくよウグイス平安京から。

 

花街とは、舞妓さん・芸妓さんが芸や客との歓談を行う「お茶屋」が集合している街

京都には花街と呼ばれる5つの街があります。

祇園甲部、祇園東、先斗町、上七軒、宮川町の5つの花街を称して「五花街」

「ごかがい」って、読むそうですわ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
ん?「ハカ」?…まさか、「墓」と「ハカ」をかけたんと違う?罰当たり!(笑) 昔は「ウォークライ」って言ってたみたいですけど…「ka mate !ka mate!」(私は死ぬ!私は死ぬ!)「ka ora! ka ora」(私は生きる!私は生きる!)って感じで始まります。一時期、ニュージーランドのスポーツ選手が片っ端から「ハカ」をやったのでyou-tubeで「ka ora」の部分を「bore」(飽きた、うんざり)に換えてパロディでやってるのを見た事があります。日本の元ラガーマンのプロレスラーで技に入る前に「ハカ」を一通り踊るレスラーもいるくらいです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私も練習してみようかなって思いましたわ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
墓の話題が続きましたので、今回はやたらリアルですね。墓地の雑草ってやたら生命力があるので、少し放置すると驚くくらい成長します。仏花は簡単に枯れるのに…周りの墓を見回すと長年手入れがされていないのか、花は枯れ果て、墓石は苔むし、雑草は伸び放題…家庭の諸事情があるとは言え、ちょっと腹が立ちますね(腹立てる前に自分ちの親と墓の面倒ちゃんと見ろ!って言われそうですが…)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すみません。

♪ わたしの〜〜お墓の前で、泣かないで下さい♪

という歌がございましたね。

お墓が、泣いているのかもしれません。

 

オマケ画像は、こちら。

ご存知でした?
 

『かんずり』いました。

IMG_kamo8961.jpg

広告