手と手のシワを合わせてシアワセ『お墓物語その2』

『5月病』?

 

ってわけでもないのでしょうが、

誕生月の4月を挟んでの3ヶ月(3月〜5月)は、私にとって要注意月間であり、

再生であり、更正であり、飛躍でありと思っています。

 

数々の問題点を抱えてはいますが、

 

『お墓』でございます。

 

ボウボウの神戸垂水のお墓を3月に綺麗にいたしました。

 

第2弾は、こちらでございます。
IMG_a7761.jpg

2基もありますやん!

(2基って言うかどうか分かりませんが)

 

誰のお墓ですの?

知らんがな。

 

でも、うちのらしいです。

 

兄も知らなかった!

なんとなく、あるような気がしてたんですけど。

 

霊園に問い合わせたら、ありましたとさ!

30年以上ぶりに問い合わせ。

 

40年以上ぶりに再会した『墓』

 

草は、もちろんボウボウ。

菓子パンの袋が散乱してたりと。。。。

IMG_a8658.jpg

ずっと、ずっと長い間、誰からもお参りされず、

母が亡くなって30年以上経ちますから。

 

「ごめんなさい」

 

と、思うのですけど、

問題は「誰のお墓かわからん」のです。

 

多分、多分、母方の祖母?祖父?

 

建てられたのが、明治ですもん。

明治〜大正〜昭和〜平成〜令和

を経ての時代もんです。

 

『令和で、やっとこんにちわ』

 

娘と2人で、草抜き。掃除。

「誰が入っているんやろね〜〜」

なんて言いながら、、、、

 

「誰がこれから世話するんやろね〜〜」

なんて言いながら、、、

 

まずは、ここまでになりました!

IMG_a8664.jpg

お花を生けたのですが、どうやら花生けが、底で割れているようです。

お水を入れても、直ぐに水がなくなってしまう。

 

みなさんは、「お墓、どうされます?」

私は、嫁に行った身でございますから。

アメリカへ?

ちゃうなあ。

 

「外人墓地」?

日本人やからなあ。

ちゃうなあ。

 

散骨?

樹木葬?

永代供養?

 

「また、来ようか。今度は、お父ちゃんと」

 

そうなんです。

砂利を運んだりするのは、女手でだけでは無理ですもの。

 

そして、こうなりましたよ

「墓」のビフォーアフター

 

ビフォーを見てみよう。

IMG_a7761.jpg

途中経過は?

IMG_a8664.jpg

そして、アフターです!

IMG_a8740.jpg

砂利13キロの袋を10袋

合計130キロと、

ピンコロ石と、敷石2枚。

 

それがですね〜〜。

車を駐車したとこから、山の方へそれを持って登らないといけないのよ。

 

死にそうです。

重たいのに、行ったり来たり。

 

途中まで運んだところで、娘が

「上の方に続く車道があるあら、そこからの方が近い!」

 

ええ!!

 

「はよ言えよ!」

 

とは、言いませんが、ショートカットで残り半分運びました。

IMG_a8741.jpg

母は、花が好きだったので、、、

庭の「シラン」の花を、少し植えました。

「お母さん!」

 

って、思ったけど、お母ちゃんの墓ちゃうやん。

IMG_a8744.jpg

さて、

垂水のお墓。

春日野墓地。

と、まだ、、、、、

残り一つ残っているのが、こちらです。

IMG_-haka7935.jpg

ここは、手強いなあ。

「墓持ち」です。

 

兄から

「ありがとう」のお礼のメールがきました。

 

出来るもんが、すれば良しです。

 

出費は、どうしましょうね。

 

一番喜んでいるのは、ご先祖さまかな。

この人たちがいなければ、

私も産まれなかったし。

 

まだまだ、片付けていかねばいけないことが山積なんです。

 

気が重くなりがちですが、

やれば、終わるし。

 

でも、終わったら、次がまた出てくるのよね。

 

きっと、良いことが待っていると思って今月まで引き締めていきます。

 

オマケ画像は、『ハカ』!

スクリーンショット 2019-05-06 1.29.03.png

出典

ハカ(ラグビーNZ代表)なぜ試合前に踊るのか?

 

ハカ!ハカ!ハカ! 

youtubeはこちら。

 

凄い気迫です!

 

「今年やったよね〜〜

ワールドカップ」って言ったら、

夫の目が点に!

 

「ボク、イキマスケド!」

 

「ええええ!!チケット買ったんかいな!」

と、私の目が点になりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
テイ子さん、若き日の写真が可愛い。動物飼うことの大変さ、ただ可愛いだけでは済まされないですから。アマちゃん大型犬だったから、介護は大変だったと思います。娘の所の、マメルリハのインコ、発情期で卵が詰って手術しました。手術費用が、大卒の初任給超えました。命を預かることは大変です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうですね。助かる命は、何としてでも助けたい。

元気なことが、当たり前と思わずに、「ありがとう」の感謝です。

今、ソファでワンコが仲良く寝ている姿を見て「ありがとう」です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
今、報道ステーション見ていたら速報が入り、ドリス・デイが亡くなられたとの事でした。バックには「ケ・セラ」が流れ、コメンテーターの方が思い出を語っていました。私は歌手よりもドラマが印象に残っていて、NHKで放送されていた「ママは太陽」を家族で見ていました。また1つ古き佳きアメリカが消えて行きました。R.I.P
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誰もが年を取り、誰もが最期に向かっているんだなと思います。

若き日の画像や、声が残っているだけに、寂しく

しかしながら、後世に残っていくんですね。

「お墓」がなくっても、「今を生きましょう」

広告