四国は「内子へレッツゴー」1日目 びっくりでした。

暑い夏。

燃え尽きるまで。

再び、新しい火を付けられるまで。

 

いろんなことが、少しずつ判ってきた。

どう生きていくか。

 

「与えれば、与えられる」です。

 

良いことを与えれば、良いことが与えられる。

悪いことを与えれば、悪いことが与えられる。

 

期待せずに、良いことをどう行なっていくか。

 

さて、

義太夫教室へ通い出してから、3度目の夏を迎えました。

毎年、行きたいと思っていた「内子座文楽」

思い切って、春に申込みました。

行けてよし、行けなくてもよし!の思い。

 

行けた!

 

無理してでも、行って良かった!

「私へのご褒美。夏休み」

 

さて、「内子座文楽」の前日に、懇親会が行なわれたんです。

なんか、わからないまま、付いて行った感じなんですけど。

 

おもてなおしのお料理の数々が、素晴らしく美味しい。

本当に、ほんまに、そうなんですって!

 

ちょっと緊張気味でお料理を撮影したところ、、、

なんと! 

インスタ映えしないことっちゃ!

 

IMG_e0863.jpg

ちょっと、竜宮城へ来た「浦島テイ子」のようです。

 

このソーセージの味。

ちょっとびっくりするぐらい!

内子でこんな美味しいソーセージが!

IMG_e0867.jpg

ほんま、画像が悪くてすみません。

 

その分、お味が新鮮であり、素材が分厚いと言いいますか。

 

盛り付け重視の都会皿より

素材重視の内子皿。

IMG_e0868.jpg

この「酢豚」

豚も美味しければ、味付けもトロトロピカイチ。

光ってる。

IMG_e0869.jpg

内子辺りは、鯛が、美味しいんですって。

ペロペロしちゃってますわ。

IMG_e0870.jpg

恐るべし。

内子のおもてなしの味と心。

 

サービスしてくださる方が、みなさん笑顔であり、

この「内子」「内子座文楽」を盛り上げようとされているチカラを感じ取ることが出来ました。

 

うちこ〜〜〜!

大好き!

 

内子の酒造りの社長さん。

日本酒話で、はずんだのに、、

すみません。お名前をお伺いするのを忘れてしまいました。

でも、あのサラリとした舌触り。

グッとくるお味。覚えていますよ。

IMG_e0872.jpg

あんまりお写真を撮影するのも、どうかなあ、、、

と、思ってたら、

「テイ子さん、撮ったらええんですよ」って。

 

我らが、豊竹呂大夫師匠と

人形遣いの吉田一生さん。

IMG_e0886.jpg

吉田さんは、舞台しか、拝見出来なかったので、ドキドキ。

私は、人形になりたい!

あの美しい所作を見習いたい。

 

 

そして、この方も!

女優の「竹下景子」さん。

写真家の関口照生さん。

ご夫妻は、内子町まちづくり応援大使でもあります。

IMG_e0889.jpg

なんて、気さくで、気取らず、楚々として。
 

なのに、オーラのビーム!

かしこオーラも。

 

*ラジオ大阪、毎土曜日に、司馬遼太郎さんのナレーションもされているんです。

 

若手の人形遣いさんとも。

 

左から

「吉田玉彦」さん

「吉田和登」さん

「桐竹勘介」さん

IMG_e0895.jpg

私の笑顔が違うのは、どういうこっちゃ。

 

舞台、楽しみにしてまっせ。

 

最後に、内子のブドウの美味しいこと。

IMG_e0873.jpg

大変、お世話になりました。

有り難くて、

お腹もいっぱい、

感謝の気持ちもいっぱいいただきました。

 

内子の夜は、更けて。

IMG_e0892.jpg

明日は、いよいよ「内子座文楽」です。

 

その前に、、、、

内子の街の、カラオケにも行きました。

IMG_e0894.jpg

そこでいただいたラーメンのこれまた美味しいこと。

インスタントラーメンですって。

 

「金ちゃんラーメン」と教えていただき、後日、近くのスーパーを回りましたが、見当たらず。

ネットで、クリックしてみようかな?

 

さて、この箱は、なんでしょうか?

IMG_e0897.jpg

明日の『ハピプラ』を、聴けばわかるかな?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
布施明…唐突ですが、実家は滋賀県蒲生郡日野町。さらにお母様は昔、幼稚園の保母をしておられました。一緒に働いていたという私の母がよくこの話をしてました。何かすごく身近〜!お会いする機会はありませんが;今でも応援しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうね。何かしら自分と関連があると応援したくなります。

そう思うと、いろんな人との交流が、応援に繋がっていくのかな?

内子で出会った人たちを、親しみを感じ、応援へ!とですね。

来年も行ける自分でいたいです。
 

広告