「オトナの遠足 その2」スマホでキレイに写そう

美人女性カメラマンの水野真澄さんが講師を務める

「スマホできれいに写真を撮るレクチャー付きのバスツアー」

その2でございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
お写真から懐かしい小学校の校舎の匂いが伝わってきてますね。木とニス(塗料)?の混ざった香り 先生も全員お亡くなりなり寂しい限りですが巣立った学校へ行ってみたくなりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小学校の廊下の独特の匂いってありますね。

今は、あの匂いがしないのかな?

(娘の小学校では、しなかった)

先生は、お元気なのか、、、、と。

消息が途絶えたままです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
めっちゃきれいな空ですね〜^^
青い!青い!
にのきんさんには虹がかかってるし、いいことありそうですね!♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にのきんさん=二宮金次郎さん

にのきんさんが、塾へ行ってたら???

 

そんな状況でなかったから、学びたい意欲が生まれたのでしょうね。

必ずしも、恵まれていることが、自分を伸ばすチカラにはならんと。

そう思います。

 

バスから眺める月ヶ瀬湖から流れる木津川

月ヶ瀬湖は、高山ダムで出来た湖。

春は桜

秋は紅葉

IMG_k1254.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
石炭ストーブ…懐かしいですね。教室の真ん中にデンと鎮座して、火を入れて半日くらいすると、暑すぎて頭痛がして気分が悪くなったり、洗面器に張ったお湯で給食の牛乳瓶(!)を暖めた拍子に瓶の底が抜け、教室中が牛乳臭くなったり…でも、パンはこんな当然洒落たベーグルじゃなくて、パッサパサのコッペパンや耳だらけの食パンでしたけど…近所に小学校の廃校を利用したカフェがあって、雰囲気がとても似ています。機会があれば、是非1度!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石炭ストーブは、思い出とともにですね。

私の時は、ストーブもなかったような。

今は、冷暖房完備だそうです。

娘の小学校では。

恵まれていることが、必ずしも??

 

バスは、旧小学校を後にして、

 

ぷっぷー

 

ここが、日本緑茶発祥の地だったんだ。

宇治田原町の「湯屋谷」

 

湯屋谷、なんて読むのかな?

ヒントは、毎日放送の深夜番組

IMG_k1307.jpg

「湯屋谷」=ゆやだに

町の人たちは「湯屋谷」=「やんたんって呼ぶそうです。

 

ここで、緑茶の生みの親が生まれた??

 

時は、江戸でっせ。

当時は、お粗末な茶色いお茶だったそうな。

 

そこで、苦節15年 元文3年、ついに色、味、香りに優れた緑色のお茶を生み出したのです。

さて、それは、誰だったかな?

ヒント お茶漬け海苔

答えは、のちほどね。

 

茶畑の多いこと!

IMG_k1302.jpg

暑いけど、緑がキレイ。

お茶の香りは、しなかった。

 

さて、今回のバスツアーで、後でびっくりすることが判明よ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
テイ子さぁーーーん!
その節は、お疲れさまでした。それにしても暑かったですね。
やっぱり、、、とゆうかわかってましたが、あまりにもオーラをひた隠しにされてて何度かお声をかけようか迷いに迷いながらもプライベートでお友達と参加してらしたので声をかけずじまいでした。今になって後悔しております。
いつも一緒に行く友達が京都在住なので今回は私一人の参加で、ちょっぴり淋しかったのですが、奇跡的にも大好きなテイ子さんと一日ご一緒できたことが何より嬉しかったです。すっごく暑かったけどネコカフェのランチも美味しくて大満足の一日でした!  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

えええっっ!!

 

あのバスツアーに、いらしたんですか?

 

オーラひた隠しでなくって、あんなもんですよ。

楽しかったですね。

しかし、ああ、びっくり。

声をかけてくだされば良かったのに。

ありがとうです。

 

では、ちょっとだけオーラを!

IMG_k1383.jpg

自撮りでございます。

 

そう、自撮り棒がなくっても、スマホで自撮りをキレイに撮影する方法。

それが、こちら。

指をよく見て下さいね。

IMG_k1312.jpg

片手で、人差し指と小指で、スマホを挟むんです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
テイ子さん、スマホでの写真の撮り方、そんなツアーがあったのですね。ブログにアップしたりするから、いい勉強になりますね。小学校での校訓、私の学校でもありました。正確に言葉がうっすらとしか、思い出せないのがモヤモヤします。今の学校ってあるのでしょうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

写真家の水野先生と、阪急交通社の方が、あたためて実現したツアーだそうです。

一眼レフのツアーは、あるんですけど、

時代は、スマホちゃん。

みなさん、熱心に自撮りです。

IMG_k1384.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
テイ子さん、相変わらず勉強されてますね〜。
私も写真の上手な撮り方勉強したいです!
ブログやタイムラインの写真(インスタはしてません)…なんか映えないんですよね…トホホ(T . T)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上手に撮影するには、たくさん撮影することかなあ。

上手く写せるようになるには。

あとは、切り取ったり、色を変えたり、アプリを使ったり。

 

バスは、この後、『正壽院』へと

 

ぷっぷ〜〜!

 

160枚の天井画。

撮影出来たのは、数枚でございますが。

160枚を一気に撮影するには、どんなカメラなんでしょうね。

IMG_k1342.jpg

そして、ハートです。

お寺や神社、お城などには、ハート型が装飾されてたりしますが、

これは、日本に1400年前に伝わっている伝統的な文様の一つだとか。

「猪目」(いのめ)って言うんやて。

 

こちらが、「猪目窓」(いのめまど)

IMG_k1347.jpg

日が差し込む時間によって、ハートの影も出来るんですよ。

*訪れるカップルも多いこと。

特に、「8」の日は。

私たちが行ったのも、「8」のつく日。

ええことありますわ。

 

そして、このお寺の「風鈴まつり」

IMG_k1327.jpg

境内に約2000個あるんですってよ。

 

これも、グッドな被写体になりますね。

IMG_k1329.jpg

ツアーでは、風鈴の絵付けも出来るんですのよ。

IMG_k1401.jpg

「感謝」「ありがとうございます」と、書いてお土産にしました。

 

それにしても、暑かった。

空は、秋なんですけど。

IMG_k1366.jpg

電線が、邪魔なんですけど。

 

至れり尽くせりのバスツアー

 

ぷっぷ〜だけでなくって、歩きながら自然も、歴史も感じながら。

IMG_k1371.jpg

家康さん、この道を歩きはったんや。

 

里山の風景
IMG_k1367.jpg

栗がたくさんなっていますね。

屋根に「水」って書いてあるのは?

 

社寺建築の多い地域、徳に関西に多く、火災よけのまじないだそうよ。

 

「柿もなるなり、正壽院」

IMG_k1368.jpg

さて、お土産は、色々と買いましたよ。

 

まず、ホンマにでっかいお茶漬け海苔

限定です。

実は、これが、先ほどの答なんです。

IMG_k1388.jpg

緑茶の生みの親は、永谷宗円さん。

そう、永谷園さんの祖先ですって。

 

永谷宗円さんは、えらい。

お茶の製法を研究して、その製法を独占することなく多くの人に教えて全国へと広めたそうです。

IMG_k1473.jpg

たまたま、お土産物屋さんで、出会った茶農家のおじいちゃん。

山口さんのを、買わせていただきました。

「他の店で買ったら、もっと高いで!」のひと言がききました。

 

「ほうじ茶」も買ったのに、行方不明。

なんでやろね。

入れた所を忘れるのか、家に誰かいたずらするやつがいるのか?

 

そして、「お茶の香り」のする線香も購入いたしました。

実は、線香好きなんですの。

「宗円香」

IMG_k1466.jpg

お茶の清々しさ、お茶の香りです。

さすが、製造されたのは、京都の老舗「松榮堂」さんやわ。

 

日本の食文化「緑茶」

いただきます。

IMG_k1472.jpg

ほうじ茶、どこへ行ったんやろね。

 

ツアーに誘ってくれた友達。

IMG_k1385.jpg

水野先生、ツアー参加された皆さま

ガイドさんも、ありがとうございました。

 

次の「オトナの遠足」は、どこ行こうっかな?

広告