船場まで。『佐藤悦枝作品展』へ その1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
えっ!一人で銀座「松屋」行くんですか?
そら大変や・・・。
「がんばれーーー!! 若宮テイ子!!」
何も出来へんけど 目いっぱい応援してるでーーー。
よー解からんけど 不安もあるやろし 自身もなくなるやろし
「イジワルしないで」って気持ちにもなるやろし・・。
でもでも テイ子さん言ってるように
「愛 友 元気 チャンス」で
大丈夫ですよ!うまい事いくって!
セーラ がんばれ!!。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うん、セーラ、頑張る。

 

ちゃうっちゅうねん!!

 

やっと、銀座「松屋」への荷物を出しました。

 

それでも、まだ物足りなくて

朝から作っています。

 

「売れんかったら、どないしますねん!」

 

誰かの手元に行きますように。

誰かの目を引き留めますように。

 

先週の金曜日の番組「ハピプラ」でした。

何故に、この刺繍の小花のコートを着ているのでしょうか?

IMG_f2616.jpg

この後、船場まで、野の花を見にゆくからなんです。

しっかし、眠たそうやな。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
テイ子さん、今日はお家でこもっりきりですか。細かい作業が続くのでしょうね、私なんか目が衰えてきたから根気が続かないです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目があって、

手があって、

頭からアイデアが浮かんで。

 

そして、失敗して、挫折して。。。

 

で、また、やってみる。

(実は、中途半端に終わっている作品の多いこと)

 

腹が減っては戦さが出来ぬ。

花よりランチ??

まずは、船場で見つけた「おばんざい屋」さんへ。

IMG_f2589.jpg

インスタ映えなし。

 

何故に、お漬物と小皿が、真ん中やの!?

お刺身をど真ん中でしょうが!!

 

一緒にランチした友人は、昔から撮影が上手だったなあ。

二人で、細かいアクセサリーの撮影の仕方とか話し合ったこともありました。

彼女も、アクセサリーを作っているんです。

そんな彼女が、野の花を沢山、撮ってくれました。

 

『佐藤悦枝作品展』

at 船場 伏見ビル3Fサロンにて。

IMG_f]2612.jpg

素晴らしいでしょう。

 

もう、野の香り、花の香りがしてくるようです。

 

思わず、この上で寝転んでみたい衝動。

水やりしたくなりました。

頬ずりも。

 

番組でもご紹介させていただいた佐藤悦枝(えつえ)さん

やっと出会うことが出来ました。

 

 

花びら1枚1枚。

葉っぱの1枚1枚。

 

佐藤さんの手によるものなんです。

IMG_f2768.jpg

大正時代に建てられた伏見ビルサロンで、

パリでも話題になったアートフラワー作家の「佐藤悦枝えつえさんの作品展。

 

神戸市文化活動功労賞も受賞されている女性です。

スゴいなって思うのが、50ぎてからズ刺をパリで学び始めたんですって。

運転免許も50歳で取得。

を重ねても、なお探究心を失わないという。

IMG_f2764.jpg

まるで生きているようです。

いや、生きています。

IMG_f2762.jpg

画像だけからでは想像もつかないような細かい作業。

IMG_f2763.jpg

途方も無い作業。

圧倒されます。

 

そして、心和みます。

IMG_f2765.jpg

作品を作り出すチカラ。

その作業に費やす時間。

 

そう思ったら、私も見習いたい。

失敗から見えてくるものがあるとするならば、

それは、なんだろう。

 

挑戦したからこそ見えてくるもの。

 

作ってゆく喜び。

それが、あるのか無いのか。私。

自己満足では終わりたく無いし。

 

誰かに喜んでもらえるものが作れたらと思うんです。

そしたら、私も喜ぶし。

 

それが、難しいのよ。

 

 

花のモチーフは、永遠。

 

 

サロンが野原になりましたよ。

IMG_f2767.jpg

実は、、、佐藤先生を

ご紹介してくださった女性は、

偶然にも、偶然にも

先代のワイマラナー犬の「アマデウス」の

実の妹(同胎)を飼ってらした方なんですの。

 

そして、佐藤先生も、ワンコ好きで、

先生のご兄弟の方のワンコと、わが家の近くで遭遇していたことも判明。

 

おまけに、神戸の老舗帽子屋さんと、共通のお友達だったことも判明。

 

どんだけ〜〜〜

偶然、共通項。
IMG_f2760.jpg

あまりに美しいので、『佐藤悦枝作品展』その2でも、お伝えしますね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メッセージ】
「小公女」…悲しい話ですね。父親ラルフ・クルーが死去し、鉱山への投資が回収出来なくなった一文無しになった時と、金持ちのクリス・フォードが現れた時のミンチン院長の豹変ぶり。世界中のみんながベッキーやアーメンガードのような優しい心の持ち主なら争い事なんて起こらないのに…(
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お金があっても、無くっても

変わらない信頼関係が、大切。

富や名声を無くした時に気づく「本当の愛」と「偽物の愛」

 

あってもなくても、

セーラの、変わらない気高さと優しさ。

 

セーラで、乗り切りますわ。

(お金のある時〜〜〜のセーラがええなあ)

 

銀座マダム「セーラ」になってきまっせ。

(マダムは、きまっせ!とは言わないな)

 

 

 

 

広告